酵素玄米を炊くなら無農薬玄米!

酵素玄米を炊くなら無農薬玄米!

 

 

酵素玄米

 

酵素玄米とは?

 

玄米には、完全食と言えるほど栄養素が含まれておりとても体に良い食べ物です。

しかし、玄米を食べるにあたり「独特のにおい」や「パサパサする」「消化に悪い」など人によって合わない場合があります。

その玄米を食べることに抵抗を感じる方にオススメなのが、酵素玄米なのです。

 

 

酵素玄米はどんな食べ物なのか?

 

酵素玄米は、玄米と小豆の中に天然塩を入れて炊いて3日保温した状態のご飯のことです。

保温して3日目から食べると効果的です。

酵素とは?

人が健康に生活していくために必要なたんぱく質の一種です。

酵素を人の体内で生成するには、限界があるため食事から補うことが必要です。

酵素は、38℃~40℃の熱を加えると変性して活性を失ってしまうので野菜や魚などを食べると酵素を摂りいれることができます。

 

玄米の栄養素

 

食物繊維

ビタミンB1

ビタミンE

フィチン酸

イノシトール

フェルラ酸

γ-オリザノール

植物ステロール

ギャバ

 

◆小豆の栄養

ビタミンB1

ビタミンB2

小豆ポリフェノール

サポニン

ナイアシン

ビタミンB6

葉酸

パントテン酸

カリウム

カルシウム

マグネシウム

リン、鉄、亜鉛

タンパク質

食物繊維

 

 

酵素玄米の作りかた

 

炊飯器の場合

※材料

玄米:3合

小豆:30g

天然塩:塩:5g(約小さじ1/2)

水:4.5合(玄米の1.5倍)

好みもありますのでこの割合で炊いてみてお好きな割合に変えてみて下さい。

 

1.ボールや炊飯器の中に玄米と小豆を入れ水を注ぎ入れて軽く洗い、浮いてきた玄米やホコリなどを流します。

 

2.ボールや炊飯釜に天然塩と水900㏄を加え泡だて器で3分ほどかき混ぜます。

かき混ぜるスピードは、1回につき2秒程度のゆっくりしたスピードでかまいません。

 

 

3. かき混ぜたら水は捨てずにその中に残りの水600㏄を加えて3時間~6時間程度浸水してから炊飯釜に移し(ボールの場合)炊飯します。

 

 

4. 炊けたら保温状態のまま置いといて1日1回しゃもじでかき混ぜます。

★3日目から食べ頃です。

 

 

※水に浸水する時間は、柔らかく炊きたい方は長めにしてください。

 

圧力釜で炊くことも可能ですが、必ず保温して下さい。

 

炊飯器が一台しかない場合は、酵素玄米を炊いて食べてなくなってしまったら、また炊いて3日保温しないといけないので一度に多めに炊きラップで小分けして冷凍保存することをおすすめします。

 

冷凍保存した酵素玄米は、10日程までに食べきることをおすすめします。

 

もし硬く炊き上げってしまって食べ難い場合は、雑炊、リゾットやチャーハン、ピラフなどにすると食べやすくなります。

 

 
酵素玄米の材料の選び方

 

玄米は、無農薬栽培の玄米を使用する事をおすすめします。

玄米の胚芽やぬか層には、残留農薬が溜まりやすいといわれておりますので無農薬栽培の玄米を選ぶことが大事です。

小豆も無農薬栽培の小豆の方が安心です。

塩は、天然塩をおすすめします。

 

 
酵素玄米ダイエット

 

普段食べてる白米やパン・麺類などを酵素玄米にかえるだけです。

できるだけ一汁一菜を心がげ栄養バランスを心がげて下さい。

アルコールも飲みすぎないように心がげましょう!

※一汁一菜とは、主食1品と味噌汁やスープ1品とおかず1品をバランスよく食べることです。漬物なども食べて構いません。

 

酵素玄米は、健康な食生活を送るために理想の主食となります。

もちろん玄米ご飯でも構いません。

主食となるお米は、毎日食べるものですから栄養面のことも考えながら取り入れいていきたいものです。

 

 

無農薬栽培の玄米