ギャバが豊富な発芽玄米

GABA(ギャバ)γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)は、アミノ酸の一種です。

 

ギャバを体内に摂り込むことにより色んな嬉しい効果が期待出来ます。

 

1.血圧を下げる効果

 

2.動脈硬化を抑える効果

 

3.脳の血行を高めて脳への酵素供給を促進する効果

 

4.ストレス軽減効果

 

5.リラックス効果

 

など多くの作用が期待されます。

 

このGABA(ギャバ)が多く含まれている食材が発芽玄米なのです。

 

発芽玄米とは、玄米を水に浸して発芽させた玄米のことですが、発芽させることにより玄米の約3倍にGABA(ギャバ)の量が増えるのです。

 

現代は、ストレス社会と言われるようにストレスを抱えている方が多いのが現状です。

 

ストレスを抱えると精神や体の異常が現れ大きな病気に繋がる場合もあります。

 

GABA(ギャバ)には、ストレス軽減効果が期待できるので毎日摂りいれたい栄養素です。

 

そのGABA(ギャバ)を無理なく簡単に摂取するのに適した食材が発芽玄米なのです。

 

毎日の主食を発芽玄米に変えるだけです。

 

 

玄米の栄養

 

 

糖質や血糖値を気にされている方にも発芽玄米は、オススメな食材です。

 

GI値が白米値が約80とすると、発芽玄米は約50とGI値が低いのです。

 

パンなどの小麦食品は、白米よりもGI値が高いです。

 

GI値が低いと血糖値が緩やかに上昇するために糖質制限をされている方やダイエットされている方にもぜひ試して頂きたい食材です。

 

発芽玄米には、他にも色んな体に嬉しい効果が期待出来ます。

 

便秘の解消と予防効果、高血圧症の改善、肥満症の改善、貧血症の改善、美髪効果、糖尿病の改善、有害物質の排出、血中コレステロールを減退、血糖値を下げる効果、腸内腐敗菌の活動を弱める、腎臓、肝臓、すい臓の働きを良くする効果、脳への血流がよくなり、脳細胞の代謝を活発にする効果、アルコールの代謝促進効果、体臭や口臭の改善効果など様々な効果が期待出来ます。

 

発芽玄米とは、玄米が発芽した状態のもので芽を出した玄米のことです。
玄米が発芽する際に眠っていた酵素が活性して出芽の為に必要な栄養素を玄米の内部に増やしていきます。

 

そのため発芽させることにより玄米が柔らかくなり食べやすく栄養素もアップします。
炊飯する際も玄米のように長時間水に漬けておく必要もなく圧力釜を使う必要もなく通常の炊飯器で白米と同じように炊飯することができます。

 

炊き上がった発芽玄米のご飯も従来の玄米ご飯と比べ何倍も柔らかいため何回も噛む必要もなく、白米のご飯を食べるのとたいして変わらない感覚で食べることができます。

 

玄米のご飯よりも消化吸収が良くなり、さらに玄米を発芽させることにより栄養価やうま味が向上するのです。

 

玄米が発芽する際にタンパク質、ビタミン、ミネラル、アミノ酸等の数値が向上て栄養価も高くなります。

発芽玄米とは、簡単に言うと玄米以上の栄養価を持ち白米に近い柔らかさで食べられるお米なのです。

 

 

発芽玄米 無農薬・無化学肥料栽培